合格体験談

一般入試合格者の体験談を一部紹介します。私大受験、国公立大前期・後期試験を頑張った駿優生の皆さんから、他にも多数の合格体験談が届いています!

併せて推薦入試合格者の体験談も校舎内にございます。ご覧になりたい場合はスタッフまで気軽にお声がけください。

早稲田大学 法学部

雨谷 俊太郎

(水戸第一高校卒)

 自分は、浪人生の四月から駿優に入校しました。駿優では主に日永田先生のハイレベル英語と依田先生の日本史を受講しました。大手の予備校では基本的に全科目を受講せねばならず、授業の復習が出来ずに消化不良を起こしてしまう恐れがありますが、駿優ではトップレベルの講師の先生の授業を自分の受講したい分だけ選択することが可能です。そのため、授業の予習、復習にしっかりと時間を割ることが出来た他、独学で参考書を用いて進めたい教科は授業を受講せずに自分で学習を行うことが出来ました。また、駿優はとてもアットホームで居心地の良い空間です。クラス担当やチューターの皆さんは本当に駿優生にとって頼りになる存在だと思います。受験勉強は大変ですが、自分は駿優を選んで充実した受験生活を送れたと思います。最後に今年一年間お世話になった駿優の講師の先生を始め、スタッフの方々に感謝の意を表して体験記を終わります。ありがとうございました。

東北大学 経済学部

井上 翔太

(水戸第一高校卒)

 高2の3月から駿優に通い始めました。先生方は皆、大手予備校の人気講師だという説明でしたが、実際に授業を受けてみると、まさに評判通り、素晴らしい授業ばかりでした。授業に加えて、その教材もよくできていて、とても役に立ちました。

 葛西先生の現代文、古文の授業では、今までの論理的な読み方についてのイメージが大きく変わり、そのイメージが間違っていたことに気付くことができました。その違いに気付けたことが、現代文、古文の成績にとって、大きな影響を与えてくれました。また、二次試験対策として、slackでいつでも添削していただける環境にあったことも、大きかったです。

 千島先生の数学の授業は、「こういうときにはこうするべき」というポイントをはっきりと教えて下さいました。二次対策は、途中から私は参考書については苦手単元の対策、克服としてしか使わず駿優のテキストの問題をできるようにすることを中心にしていました。駿優のテキスト問題は、最初は自分にとって難しく、「これは入試の中心で応用問題にあたるのではないか」と思って敬遠していましたが、後になって基本問題がほとんどであることに気付きました。あまり自分にとっての感覚を交えず、「与えられたテキストの問題をできるようにする」という素直な意識を最初か持つべきだったと思います。いずれにせよ、このテキストのおかげで、必要な解き方を手っ取り早く身に付けることができました。

 また、英語については、私は授業を受けていなかったのに、教務の杉山先生、英作文講師の渡辺先生にとても丁寧に添削していただくことができました。

 担任の古澤先生には、「こういうときはこうする」「こういう問題はこう解く」という学習方を教えていただき、三科目すべてに役立ちました。また古澤先生に限らず、いつも笑顔で話しかけたり対応して下さったりした教務の方々とは、いつの間にか全員知り合いになっていました。こんなにたくさん応援して下さっている方々がいるということが、大きな心の支えになっていました。

 本当にお世話になりました。一年間ありがとうございました。

千葉大学 法政経学部

川勾 恒太郎

(水戸第一高校卒)

 私は、高校3年の8月まで野球をしていて他の友達より本格的な受験勉強が遅れてしまいました。引退後の1ヶ月は自分で苦手だった英語を中心に勉強していましたが、なかなか勉強の環境が作れませんでした。そこで、部活動の先輩の勧めで1日中自習室を使用できる水戸駿優に入りました。駿優に入って驚いたことは授業の質です。特に日永田先生の英語の授業は本当に質が高く自分を助けてくれました。本当にありがとうございました。また、駿優の職員の皆様も自分が勉強に辛い時に多くの会話を通じてたくさん励まして頂きました。本当にありがとうございました。

 さて、後輩の皆さんには一早く受験の厳しさを意識して頂きたいです。私は、一年前のこの時期に大学受験というものを「それなりに努力すれば受かる」と甘く考えていました。しかし、それなりの努力ではそれなり以下の結果にしかなりません。私は、このことを知るのが遅くなったせいで第一志望には届きませんでした。後輩の皆さん、早く受験の厳しさと向き合ってください。やることが分からないなら英語をやってください。大学は逃げません。逃げるのはいつも自分です。